今年は多摩。都会での訓練だ。

冬訓練と比べると体を動かす訓練が少ないのが特徴。つまり,講義・会議・救命講習というメニュー。

講義だけでは,さすがに全部は覚えられないので,これからも何度も繰り返して覚えるしかない。安全に関わることは特にそうだ。

会議では,観測・設営それぞれのミッションを確認し合い,現時点での支援の必要性を伝えるという作業。全体像の把握とそれぞれの仕事の把握が必要になる。内容が具体的になってきた分,隊員候補者同士の相互理解が必要になってくる。開いた時間には,それは自分ができる・やりたい。誰々が知っているはず。研修が必要なのでは・・・などコミュニケーションが進む。

救命講習では「上級救命技能認定証」を取得。これまでにも何度か講習を受けたが,3回目ともなると少しづつ身についてくるものだと実感した。三角巾の使い方や,搬送方法なども勉強になった。

全工程が終了し,7月の再会を誓って解散。