マイクロパルスライダー(MPL)とは,高度30kmくらいまでの上空の雲やエアロゾルの分布を測定する機械で,波長523nmの緑色のレーザー光線を上向きに照射して,大気中の雲やエアロゾル(微粒子)によって散乱されて戻ってきた光(後方散乱)を検出するという仕組み.

訓練では,MPLと周辺機器やPCとの接続と測定方法の確認.

天井には綺麗なレーザー光が映る.昭和基地では,この光が夜空に伸びるのかと思うと,今から楽しみだ.

天井に映る緑色のレーザー光
天井に映るMPLのレーザー光

参考サイト: