大井埠頭には、しらせが来るまでの間、荷物が某企業の倉庫に仮置きされる。

そして大事な検数作業。日本貨物検数協会の立会いの下、積荷状況の証明をしてもらう。いわゆる輸出なので。

日本貨物検数協会のサイトによれば、検数(一般検数業務)は、以下のように説明がある。

港頭地区を中心に、船舶、岸壁、倉庫など様々な貨物流通過程において、輸送の責任、輸送の形態が変わる時点で荷役・作業現場に立会い、貨物の数量、状態、本船での揚積や積付状況などを確認し、公正な立場で証明を行っています。また、当協会が発行する検数に関する証明書は、船荷証券(B/L)発行や通関手続き、保険業務に使用されます。