白い雪原と青空...は夢でした.わかっていたけど.

それは昭和基地のあるオングル島から4km先の大陸の話.

雲母混じりの砂埃の舞う南極.愕然とする南極初心者たち.これが南極の現実.そして日の沈まない白夜.いつまでも起きていられる気になってしまう.

夜?遅くまで仕事をして宿舎に帰る途中,サンピラーっぽい現象を見る.でもはっきりしないので,カメラには写らない.一応,寒冷地で見られる現象に,とりあえず寒い所に来たんだと思う.残雪もあるし.

あ,クリスマスイブだった.すっかり忘れてた.

深夜?の太陽.肉眼ではサンピラーだったのだが,うまく撮れてない.
深夜?の太陽.肉眼ではサンピラーだったのだが,うまく撮れてない.