私の仕事のひとつに,大気中に含まれる気体を測定する分析装置の保守作業がある.大気の濃度を精度よく分析するために,濃度の決まったガス(気体)を何種類か使用する.その気体を1年間に使用する量はシリンダー(いわゆるボンベ)50本以上.家庭のガスボンベに比べるとホッソリしたのもの.

ボンベ庫の中では,本格空輸で運ばれてきた我が57次隊のシリンダーと,56次隊のシリンダーが並んでいる.

先日,本格輸送が完了し,「越冬成立条件が整った」と越冬隊長が語った.我々が昭和基地を維持するために準備したものがすべて昭和基地に届いたということだ.

そして,私が観測業務を引き継ぐように,シリンダーたちも入れ替わるのだ.持ち帰り空輸の日まで,この小さな部屋で密かな越冬交代が行われるのだ.

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ボンベ庫でのシリンダー達の越冬交代(左:57次隊,右:56次隊)