男性浴室「竹の湯」は,配管掃除などのタイミングで女性浴室「梅の湯」になる.桃色の暖簾は,N隊員お手製で可愛らしい.

女性たちにも時々は広いお風呂を楽しんでもらいたい,女性たちも時々は広いお風呂に入りたいということで,「竹の湯」が「梅の湯」になる.設備担当のM隊員の尽力もあり,その機会が増えている.

これまでは暖簾だけしか覚えがなかったのだが,この日はドアの前にパイプ椅子が置いてあることに気づいた.押し扉なので事故防止だと理解した.細かいことだが,良い配慮だと思った.

20160705_梅の湯2
「梅の湯」の事故防止バリケード