連日-30℃が続く.せっかくなので「お湯花火」に挑戦した.お湯(今回は70℃)を用意して,−30℃の空中に放つと,お湯が昇華して水蒸気になってしまい,すぐに冷やされるので,煙のように雲ができる.あたかも花火のようになるのだ.

これを15℃くらいの水でやってみると,単なる水撒き.ばしゃんと落ちておしまい.液体窒素(-180℃くらい)でやると…想像つきますかね?