とっつき岬へのルートは,7月26日に完成した.そして,とっつき岬から大陸に上がり,S16地点へ行くためのルート工作が始まった.

とっつき岬から先は,極夜前に作ったルートが途中まであるので,赤旗の付いた竹竿(ルート旗)それを辿り,さらに奥のS16地点を目指す.

ルート旗の雪面からの高さを測定するのが,南極での仕事のひとつ.ようやく滞っていた仕事が開始された.ただ,ルートを作りながら進むので,S16地点へは到達することなく,途中にあるP30地点で折り返して帰還.まだまだ先は遠い.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ルート旗は位置情報で管理され,雪の量の増減の測定にも使われる.
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
本日の仕事は終了ということでUターン.